通訳案内士(ガイド)2次試験対策 日本事情Ver.2コース

通訳案内士(ガイド)2次試験受験予定者必見!
2014年夏期日本事情 Ver.2 コースサンプル動画


「トラッドジャパン」講師でもある江口裕之(CEL英語ソリューションズ最高経営責任者)の真骨頂。
日本文化や日本人の習慣について、外国人に効果的に伝える方法を学び、通訳案内士(ガイド)試験2次試験の回答作成演習を行います。
使用テキストは江口オリジナル。多くの通訳案内士(ガイド)受験生から絶大な信頼を得、多数の著書を世に送り出している江口裕之ならではのメソッドがふんだんに盛り込まれています。


サンプル動画を観る >>

日本事情Ver.2コース詳細 >>

入会案内 >>



受講生の声

  • 先生の生の声を聞いて、その正確さに感心しています。自分の能力ではなかなかクラスのスピードについていくのが難しいですが、先生が上手にフォローしてくださるので助かっています。特に難しいのが日本語を英訳するときで、読み上げられる日本文の内容をフォローできません。
  • 難しいですが、避けては通れない授業だと思います。英語で考えることはあまりないので良いトレーニングになります。とにかく頑張って授業についていきたいと思います。
  • 前回は無料体験で授業に参加したので、今回初めて自分の発言機会が回ってくるということで緊張しました。自身のトレーニングだけでなく、他の方の表現などを聞くことができ、非常に参考になりました。
  • 自分で英文を組み立てて、その場ではなすためのとても良い練習の機会になり有益です。時間をオーバーしても良いので、途中で短い休憩があると良いかと思います。
  • 知識をおさらい、インプットしながら英語で説明するときの考え方やコツで、発見があるのが面白いです。通訳の練習は難しいですがもっと勉強しよう、というやる気が沸きます。
  • 瞬発力が鍛えられるので、とても良い訓練になっていると思う。先生の英語はとてもわかりやすく、比較的易しい単語でも日本のことを説明できることがわかった。しかし、自分でトライしようとすると、とても難しいので、この講義を通して少しずつでも身に着けていけたら良いなと思う。
  • 予習してきたもの以上に色々聞かれるので、とても緊張感があり集中できます。課題のみにとどまらず、その周辺の知識も含めて予習、復習にとりくまなければと思いました。
  • 緊張しますが二次対策としてとても役立ちます。しっかり予習、復習すれば力になると実感しています。
  • アウトプットの訓練のために、現在採用されている方法はベストに近いと思います。
  • 英語の中で特にアウトプットが苦手ですので、その練習ができる良い機会だと捉えています。練習あるのみです。
  • 難しすぎてなかなかついていけません。でもこれにどうにかついていけば、力はつくと思います。
  • 去年はこの講座を知らず、あえなく二次で・・・。この講座は幸運にも公認ガイドになったときにも大いに役立つと思います。
  • 内容が盛りだくさんでやりがいがあります。予習そして復習も時間をかけていこうと思います。授業は緊張しますが楽しいです。
  • 資料のすべてがわかりやすく、すぐに使えるものになっていて、後はいかに自分のものにできるか、自分の努力にかかっているという感じがします。マイクが回ってくるのが正直こわいのですが、たくさん恥をかいて、その分苦手な部分を知って今後に役立てようと思います。いつも無駄のない授業の内容にとても満足しています。Liveで受けることは緊張しますが、この場で学べて有難いと思っています。
  • 2時間でこれだけの豊富な説明と、生徒にこれだけ考えさせ発表させているのはすごいと思う。
  • 十分満足しています。できれば休息が途中にあったほうがいいと思います。その間に質問ができるので。
  • 授業の水準が高く、戸惑っています。解答例の音声教材がほしい。
  • 日本史、日本事情の丸暗記ではなく、大事なところを質問してくださるので、わかっていないところを確認できて良いです。通訳に関しては日本語から英語において注意すべきことを教えてくれるので、きちんとした訳がつけられるようになるので、良いと思います。
  • 結構タフなときもありますが、先生の優しい解説に助けられます。日頃からアウトプットしなくてはと思います。
  • 授業ではどんどん先生に当てられるので、しっかり予習しようという気にさせられます。予習が役に立たない質問も多いので、同時に予習よりもその場の瞬発力がより大切ということも思い知らされています。そのような状況を身におくことはとても良い準備になると思っています。
  • 難しいです。予習からボリュームがありますが。耐えれば力になると思います。
  • Section3はきわめて実践的だと思いますが、問題によっては難しく感じました。ネタというか、引き出し、うんちくをたくさん持っておくことが大事だと感じました。営業マンがお客さんの前で、営業トークのネタが必須なのと同じような感じでしょうか。
  • 集中力を要する授業ですので、少しの休憩があるのがありがたいです。先生の質問はどれも的を射たものばかり。あとでまとめてReviewします。ハードな授業ですが、ついていけるよう頑張ります。
  • 2次対策としては非常にためになると思います。すべての方が「私よりできる」という感じなので、何とか追いつけ、追い越せでいきたく思っています。
  • 自分で知らなかった表現を授業中にたくさん新たに知ることができ、増やすことができることが良かったです。また新たな単語なども、授業中に何度も繰り返し出てくるので、頭へのインプットにとても役立っています。はじめはノートのとり方にも模索していましたが、ようやく取るタイミングがわかってきました。あと8回よろしくお願いいたします。
  • このタイプの授業が好きです。やはり口に出したほうが楽しいですね。
  • 毎回心臓バクバクですが、この練習を続けて、少しずつでも慣れていきたいです。
  • 己を知る最高の場。刺激を受け自分を高めていく場だと思いました。
  • 日本に関するあらゆる状況を英語で説明することで、いかに自分が日本について分かっていないかを発見することができます。特に今日は憲法9条についてなどのテーマが出たり、天皇の男系についての話題があったりで、難しかったがとても勉強になっている。
  • 英語で質問され、かつそれを英語でマイクを通して答えるというのは、まさにガイドの現場の状況です。緊張しますが、大変勉強になります。周囲の人たちが、どのように答えているかも大変参考になります。できればもう少し大きな声で話していただけるとありがたいです。
  • 日本の気候、文化や歴史を英語で説明することがこんなにも難しいのかと実感できたのが、とっても価値があると思っています。日本のことを理解でき、英語力を向上できるこのクラスは、とても向上心のある方はおすすめです。
  • 私にとってはすごくハイレベルな授業ですが、去年受験した2次試験で必要な要素をほぼカバーする内容だと思います。日本の歴史、地理、文化に関する内容を英語でどう表現するか。日本語訳からすぐに英訳する、などが十分にカバーされていると思います。
  • 去年は確か読解コーナーがあったと思いますが、それをなくして質疑の時間が増えたのは良いと思います。Translation Practiceで全員に長い文章全体を通訳する機会がめぐるよう配慮していただいてありがたいです。
  • 授業だと緊張感を持って回答できるのがためになっている。回答によって柔軟に有益なコメントを得られることは大きい。非常に満足している。
  • ハードですが、とても面白く、勉強になります。ありがとうございます。
  • 日本人にとっては常識であり、日本語で説明するのは比較的簡単なことでも、英語で日本を知らない人々に説明するのは難しい。この授業ではそのような人々に英語で説明するためのポイント、役に立つ表現、外国人からよく聞かれるポイントを学ぶことができ、二次面接対策だけでなく、実際のガイドの場でも役立つと思います。
  • マイクが回ってきて質疑というスタイルなので、マイクが回ってきた人が回答するのだが、時間があればAny other answers?など他の人も発言できるようにすると、盛り上がるのではないか、せっかく準備をしてきたことは言ってみたい。