英検準1級試験情報

英検準1級試験情報



英検準1級1次試験速報まとめ

2013年度第2回試験(2013年10月13日実施)

全体の講評

大問1番の語彙問題において難化は見られましたが、読解・リスニングは比較的点数が取りやすかったと判断します。
得点目標としては、1番:18点、2番:5点、3番:16点、4番:12点、リスニング:25点、総得点76点以上を獲得し、余裕を持って合格していただきたいところです。
合格点は前回の68点を1点上回り69点前後と予想いたします。
英作文を除いた得点が55点を上回っている場合には、すみやかに2次面接の準備を開始されることをお勧めします。

CEL解答はこちら>>

☆試験問題(リスニング含む)はこちらの日本英語検定協会のサイトで公開される予定です。

 


問題毎の講評

[1] 語彙・熟語問題

 最初のページから難化です。正解になっている(5) 2 curfew、(6) 3 treacherous、(7) 4 scrutiny (8) 1 loathe。どれも1級でも出題されそうな単語です。この4つが続き、これは本当に準1級なのか?と確認するほどの衝撃でした。
 以下、問題毎に見ていきます。
(3) 2 unveil。ここでは「〜を発表する」の意味。ベール (veil) を取る、からきています。
(4) 2 faulty「欠点のある」。空所にはマイナスの意味が入ることがわかります。failure  など “F” で始まる単語はどこかマイナスイメージがあります。
(6) 3 treacherous。同義語は、dangerous、hazardous など。前回の本試験で hazardousの名詞hazardが語彙問題の正解の選択肢として出題されていました。
(7) 4 scrutiny。「綿密な調査」。だいぶ以前に、動詞形 scrutinize は準1級でも出題されたことがあります。正答率は低いでしょう。(8) 1 loathe 「〜をひどく嫌う」。これには最も驚きました。1級受験者でも自信を持って答えられない方が少なくないでしょう。同義語にdislike、detest などがありますが、他の選択肢2 discard、4 contest はこれを意識しているのでしょうか?
(9) 1 convey も単語としてよく知っていても、convey my best wishes のコロケーションは選びにくかったと思います。convey は message、information などのほか、気持ち・感情を伝えるときにも使われます。
問題冊子で1番1ページ目の衝撃に比べると、(10)以降はおとなしめで通常どおりの印象。正答率が低いと思われるのは、(10) 1 circulate 「〜を回覧する」、(14) 2 odor 「におい」、(15) 1 segment 「(TVや映画の区切られた)コマ」。
(10) circulate a petition。circulate は知っている単語でも、petition 「請願書」の意味がわからないと戸惑ったかも知れません。
(15) 1 segment は「部分、破片」ですが、ここでは映画のお話です。
不正解の選択肢にも1級でも出題されそうな単語が散見されます。(2) 3 dilute、(4) 1 sober、(5) 3 perimeter、(6) 2 wholesome、(10) 2 detonate、(12) 1 serene、(17) 1 splinter、(18) 1 discreet、(21) 1 vibrantなど。
(22)以降の句動詞は選びやすかったのではないでしょうか?
(22) 1 go over は review「〜を見直す」の意味。
(23) 3 keep up 「遅れないでついて行く」。
(24) 4 split up 「(カップルが)別れる」。最初選択肢を見ずにbroke upかと思いました。これでも可能ではありますが。この split は過去形です。
(25) 1 make off with「〜を持ち去る」。make it 「うまくやり遂げる」 を make のイメージとoff 「その場から離れる」、with 「〜を持って」 に分解して考えると句動詞もなかなか面白いものです。

 大問1の目標点は25点中18点です。しかし今回は、(5)〜(8)の難問の影響もあり、18点はきびしいラインだったかも知れません。



[2] 空所補充問題

 2題とも内容もわかりやすく正解しやすい問題でした。難易度も通常どおりと言えます。

1題目: Hospital Uniforms in the United Kingdom
 Scottish and Welsh の病院で好評だった病院内職員のユニフォーム統一。それに習った Nottingham の病院では物議を醸すことに。
(26)、(27)は素直な問題。
(26) 空所後を読むと好評だったことがわかり正解は2番。他の選択肢はみなマイナスの意味を含んでいます。
(27) 空所3行後に 「the same effects を期待して、、、」 とあることから正解は1番。
この3問で迷うとしたら(28)でしょう。第2パラグラフで「効果を期待した」が、第3パラグラフ最初で、As it turned out 「蓋を開けてみれば・・・」 と始まり、病院内で不満が出たとあります。(28)の選択肢はつなぎの副詞・副詞句が並んでいます。空所の前後の文を読むと似た内容が書かれており、正解は4番 Likewise。選択肢1番、3番だと前とは違う内容でなければならず、2番 In the meantime も 「その間、一方では」 などで不適切です。

2題目: Responding to Cell Phones
 携帯電話に執着する現代人。これは麻薬中毒に似ているとの研究発表に対する反論について。
(31) 空所後の Rather に注目!その後に反論者の主張があります。devices (= cell phones) 自体への愛情ではなく、愛する人とつないでくれるからこそ携帯に過度に反応するのだとの内容から、
正解は2番。



[3] 内容一致問題

1題目: The Sa’och Language
 文章も読みやすく、設問も最近では最も易しく迷うような選択肢はありません。
(32) 言語が消滅すると同時にその話者の文化的観点も失われるとの内容から、正解は2番。
(33) Sa’och を話す種族が1970年代に政府の抑圧を受け、居住地移動を余儀なくされ、クメール語を話すよう強要された内容から、正解は1番。本文の relocate が選択肢で leave に言い換え。
(34) Sa’och を保存しようと努力する言語学者がおり、政府も協力するが、それは困難を極める。話者たちも雇用を得るためにはクメール語を話す必要があり、母語からは貧困を連想する。正解は3番。
本文から、気になる表現について。第3パラグラフ3行目。live off the land 「畑で自給自足の生活をする」。CEL英語ソリューションズで先月実施しました 『英検準1級模擬試験セミナー』 にて、ちょうどこの表現を解説しました。良いタイミングでした。

2題目: The Gray Invasion
 北アメリカからイギリスに連れて来られた gray squirrel 「灰色リス」。急激な繁殖により生息地の環境や原産の動植物に多大な影響を与えた。特にイギリス原産の red squirrel 「赤リス」 の個体数減少が深刻。灰色リスの繁殖を防ぐ努力がされているが、そこには問題点もある。
これも読みやすいパッセージでした。落ち着いて読めれば設問もほとんど迷うことはありません。英検ではおなじみの話題です。生態系を壊すのは人間。それをまた人の手で修正しようとする努力が常になされています。
(35) 第2パラグラフ2行目 strip away tree bark が remove the outer layer ... に言い換えられ、正解は1番。become diseased は fungal infections のこと。
(36) 第3パラグラフに、灰色リスは地上に住むため、access to larger food supply があるとあり、一方木に住む赤リスは locate (=find) food できないので、正解は4番。
(37) 灰色リスの繁殖を抑えるため、エサに薬を混ぜてはいるが、リスはエサを隠して後で食べる習性があるため、十分な量の薬を摂取しているのかがなかなか判断できない、との内容から正解は2番。本文第4段落5行目からの make it a challenge to ensure ...  は、選択肢では make it hard to guarantee ... に言い換え。ここの challenge は名詞で「課題、難題」の意味。前回の本試験内容一致問題では、challenge が動詞で「〜を疑う、〜に異議を唱える」の意味で使われていました。challenge という単語はなかなか  “challenging” です!

3題目: Free Labor?
 前の2題よりに比べやや読みにくいですが、準1級の通常レベルです。前半は読みやすいですが、後半には意味の取りにくい単語も含まれ焦ってしまった受験者も多かったでしょう。設問ですと、(40)、(41)の正答率が低くなると思われます。
米国におけるインターンシップの現状について。労働省の規制を無視し、本来は正規労働者が行う仕事を無給のインターンが担っている事例が多い。インターンの学生も将来のキャリアを考えると従うしかなく、雇用者にとって有利な制度になっている。
(40) 第4パラグラフの内容から。ポイントは、1行目 mandatory 「必須の」、5行目  prerequisite 「必須条件」、5行目 tilt 「〜を傾ける」。インターンシップは就職の必須条件になっているが、無給で働くためには経済的余裕が必要。1番が正解。
(41) 一番の難問です。第5パラグラフ4行目から、中国の企業でインターンシップを終えた人材は帰国した後就職に有利だとの記述があることから、正解は3番。読解の最終問題正解者に大きな拍手!! 
第5パラグラフから。substantial fees 「高額な料金」、land a position 「就職する」、provided 「もし〜ならば、ifと同義」。準1級の読解問題としては難しいフレーズでした。

 これまでのまとめ。大問1の語彙問題で難化が見られましたが、大問2空所補充問題、大問3の内容一致問題は通常よりやや易しいレベルでした。語彙問題で失点があっても、読解問題で補うことができたでしょう。特に内容一致問題は1問2点で、今回は点数を重ねやすい設問でした。

 

[4] 英作文

 これまでと形式は変わらず、e-mail の返信を作成するものでした。含まれる3つの質問に簡潔に答えながら 100 words 程度でまとめることが求められます。
 今回の質問は、(1) なぜ日本人は定年後も働き続けるのか? (2) 子どもたちが土曜日に学校へ行くことをどう思うか? (3) 歩道での自転車走行は禁止されるべきか? どれも日常的な話題で対応しやすかったことと思います。
意見を求められた場合には、「自分の意見」⇒「理由づけ」の順で書く習慣をつけましょう。英語では結論を先に述べるのが原則です。また、必ず賛成・反対のどちらかに決めましょう。「こういう場合は賛成だが、こういう場合は反対」というのを、100 words におさまるように、かつわかりやすく整然と書くのは不可能です。
ただし1問目のように理由をたずねられているときにはこの限りではありません。

(1) なぜ退職後も働くのか?
 寿命も延び定年後も健康だから、経済的に働く必要がある、趣味を持っていないので働かないと時間を持て余す、、、などのうち、英語で書きやすいものをひとつ選んで書けば十分です。余計なことは書かない!が鉄則です。

(2) 土曜日登校の是非について。
 賛成の場合には、近年の学力低下を理由にあげ、反対の場合には、週末には自分の時間、家族との時間を大切にしてリフレッシュするべき、などで上手くまとめられそうです。

(3) 歩道での自転車を禁止するべきか?
 賛成であれば、危険であることを理由にあげ、反対の場合は自転車の乗り方に規制を設ければ問題ない、日本は土地不足でしかたない、、、など。「sidewalk = 歩道」が即座にわからずにつまずいてしまった可能性も。

 大問4英作文。通常通りの難易度でした。予定した時間配分の中で、14点中10点、できれば12点がとれる作文ができることが望ましいです。



[5] Listening

Part 1
 特に新しい傾向はなく、選択肢は全体に短く読み易かったでしょう。いくつか状況判断がしづらい会話や聴き取りにくい表現などが見られました。それらを中心にツイートして参ります。
No. 2 父親がモールで14歳の娘とはぐれたので放送での呼び出しを依頼。最初は小さな子の迷子かと思ったところ聴いていると14歳。。。携帯電話は持っていないのかと疑問にも思いました。
No. 4 息子がやけどをしたので両親が病院にあわてて連れて行こうとしています。設問は、What will the woman do next? 主語を man に聞き誤ると1番を選んでしまいます。設問をよく聴く必要がありました。
No. 5 タイヤがパンクして困っている女性を警察官が助けています。“Your hazard lights were on.” “It’s only a flat.” などが聴きとりにくかったかも知れません。
No. 6 慈善団体でボランティアをする男性。“It’s a good cause.” (causeは選択肢2番にあるaimの意味) “... I should be happy that I can be of use.” 「役に立てて嬉しい」。理解できましたか?
No. 8 これから飛行機に乗るご夫婦。男性の血圧の薬を預け入れ荷物に入れてしまったという話。carry-on bag 「機内持ち込みバッグ」、checked bags 「預け入れバッグ」。
No. 10 面白い場面設定です。ご夫婦の飼犬が運動不足で太り気味。dog walker を雇うとコストはかかるけれど、将来的に vet bills 「獣医の治療費」 が節約できるとの結論。ワンちゃんも人間並みの扱いです。
No. 11 ジムに通う女性が道具を入れるためのロッカーの空きがなく、順番待ちをしています。“I’m on a waiting list.” work out 「ジムで運動をする」などが聴き取れるかがポイント。
No. 12 将来ファッションデザイナーの道を考えている女性。会話では、“I might make steady money ...” と言ったのが、選択肢4番で stable career に言い換えられています。

Part 2

(A) Not So Sweet
 砂糖の過剰摂取は健康に悪影響をもたらす。消費を制限するための提案がされてはいるが、一般市民が強要されるべきではないとの意見も。大変聴きやすく設問も素直です。正解は No. 13 1番、No. 14 3番。

(B) Tuning In 
ラジオの音楽番組の中でのニュース。初めての設定で新鮮です。音楽チャートによって経済予測ができるとの内容も面白いです。2人の研究者の説が述べられていますが、No. 16ではそれを区別して聴き取る必要がありました。

(C) Office Management
 中間管理職の必要性について。二者の見解が対照的に述べられています。英国人女性のナレーションでしたがゆっくりです。schedule は「シェジュール」。選択肢を読む時間が確保できれば迷うものはありません。

(D) Sleeping with the Birds
 朝型「early bird」、夜型「night owl」の違いは学業成績にどのように影響するのか?についての研究結果。わかりやすい内容です。この説にしたがうとすれば、午前に1次試験の行われる英検準1級は、朝型の受験者に有利なのかもしれません。

(E) Divorce Tours
 傑作です! 「離婚ツアー?」離婚をするためのツアーかと思うとそうではなく、インドで、関係の悪化した夫婦が参加する、夫婦関係修復のためのカウンセラーがツアーガイドとして同行するツアーでした。わかりやすい内容です。

(F) Bicycle Lanes
 シカゴ市にオープンした自転車専用レーン。渋滞が緩和され、環境にも良いほか、市長にはIT企業誘致などの目論みもあった。
No. 23 正解の選択肢3番の certain companies はIT企業のことを指しています。
一方では自転車専用レーンを作ることにより、自動車の車線数が少なくなり渋滞の原因になったり、交通規則を守らない自転車も迷惑だとの声も。 No. 24は4番が正解です。

  リスニングPart 2 のまとめ。
 全体にゆっくりわかり易く読まれていました。設問も素直ですが、選択肢が前回よりもやや長めではありました。難易度はほぼ同じでしょう。

Part 3

(G) 録音メッセージ
 UKから中国にすぐに部品を送る必要性から、overseas delivery、rapid air shipping services などがキーワード。正解は2番。

(H) 空港でのアナウンス
 Situation に含まれる standby ticket は、空港で待機して、空席があれば乗せてもらえる格安チケットのこと。わからなくてもそのままで言われているので問題はなかったでしょう。standby ticketを待ち構えて聴くと、カウンターに行くように指示があり、正解は1番。

(I) 店内アナウンス
 SP220のノートパソコンを買いたいが最も安く買うには?難しい問題でした。“If you fill out a customer survey” が、正解の選択肢1番では Complete a customer survey. に言い換えられています。

(J) ツアー案内
 キーワードの “walking tour” を聴き逃さないように注意しましょう。“... should inform the tour guide” が正解の選択肢4番では、Let the tour guide know. に言い換え。

(K) 会議場のアナウンス
 プレゼンを予定しているので事前登録がされていて、パスも持っている。ただし、sign in の必要はあり。その場所をうっかりすると聴き逃してしまう問題でした。“We do ask that you sign in at the desk located just to the left of the main elevators.” と言っていることから、正解は3番。難問でした。

 リスニングPart 3 のまとめ。新傾向は見られませんでした。難しかったのが (I)、(K) で、かなり注意して聴く必要がありました。全体的な難易度はほぼ前回と同じです。

 


( 2013/10/16更新 )

ページトップに戻る