CEL英語ソリューションズ_メニュー ご入会 アクセス お役だち情報 書籍 会員サービス CELオンラインショップ トップページ 学校案内 レギュラーコース イベント・セミナー FAQ

通訳ガイド(通訳案内士)試験情報



通訳ガイド(通訳案内士)試験の概要

*最新情報はJNTOのウェブページをご確認ください。
http://www.jnto.go.jp/jpn/interpreter_guide_exams/

試験の概要

  1. 報酬を受けて外国人に付き添い、外国語を用いて旅行に関する案内をするための国家資格。
  2. 試験は国土交通大臣が実施し、合格者は都道府県に通訳ガイド(通訳案内士)として登録(2006年4月より従来の免許制から登録制に変更)。
  3. 年齢、性別、学歴、国籍等に関係なく、だれでも受験可能。

試験の形式

改正通訳案内士法

2006年4月より改正通訳案内業法が施行されました。通訳ガイド試験受験予定者にとっての重要ポイントは次の5点です。

  1. 通訳案内業者から通訳案内士に名称変更
  2. 免許制から登録制へ
  3. 地域限定通訳案内士試験の実施
  4. 無資格通訳案内士に対する罰則強化
  5. 改めて通訳案内士(ガイド)試験ガイドラインを制定・公表 ((*最新のガイドラインは2015 年4 月に公表。)

通訳案内士試験ガイドラインによる合格基準

  1. 第1次試験(筆記)
    1 次試験の試験内容を外国語・日本地理・日本歴史・一般常識(産業・経済・政治及び文化)の4つに分け、科目ごとに合格基準を設定。外国語は原則70点、日本地理・日本歴史はそれぞれ原則70 点、一般常識は原則60 点を合格基準点とし、絶対評価で合否判定を行う。
  2. 第2次試験(口述)
    合否判定に当たっては、試験官ごとに基準が大きく異なることがないよう、あらかじめ評価項目(プレゼンテーション、コミュニケーション、文法及び語彙、発音及び発声)ごとに、具体的な評価基準を設定しておくものとする。合否判定は、原則として6割を合格基準点とし、当該合格基準点に達しているか否かを判定することにより行う。
    * ガイドラインの全文は、下記サイトに掲載されています。
    http://www.jnto.go.jp/jpn/interpreter_guide_exams/exam_guideline.html


Next 通訳ガイド(通訳案内士)試験の特徴と過去問・解答例 >>

ページトップに戻る