CEL英語ソリューションズ_メニュー ご入会アクセスお役だち情報書籍会員サービス CELオンラインショップ トップページ学校案内レギュラーコースイベント・セミナーFAQ

通訳ガイド(通訳案内士)試験情報



通訳ガイド(通訳案内士)試験の概要

*最新情報はJNTOのウェブページをご確認ください。
http://www.jnto.go.jp/jpn/interpreter_guide_exams/

試験の概要

  1. 報酬を受けて外国人に付き添い、外国語を用いて旅行に関する案内をするための国家資格。
  2. 試験は国土交通大臣が実施し、合格者は都道府県に通訳ガイド(通訳案内士)として登録(2006年4月より従来の免許制から登録制に変更)。
  3. 年齢、性別、学歴、国籍等に関係なく、だれでも受験可能。

試験の形式

改正通訳案内士法

2018 年1 月4 日より改正通訳案内業法が施行される。通訳ガイド試験受験予定 者にとっての重要ポイントは次の4 点です。

  1. 業務独占から名称独占へ  
  2. 通訳案内士から全国通訳案内士へ
  3. 地域通訳案内士の創設
  4. 定期的な研修制度(更新制度)

通訳案内士試験ガイドラインによる合格基準

  1. 第1次試験(筆記)
    1 次試験の試験内容を外国語・日本地理・日本歴史・一般常識(産業・経済・政治及び文化)・通訳ガイドの実務の5 つに分け、科目ごとに合格基準を設定。
    外国語・日本地理・日本歴史はそれぞれ原則70 点、一般常識・通訳ガイドの実務はそれぞれ原則30 点を合格基準点とし、合否判定を行う。
  2. 第2次試験(口述)
    合否判定に当たっては、試験官ごとに基準が大きく異なることがないよう、あらかじめ評価項目(プレゼンテーション、コミュニケーション、文法及び語彙、発音及び発声、ホスピタリティ)ごとに、具体的な評価基準を設定しておくものとする。合否判定は、原則として7 割を合格基準点とし、当該合格基準点に達しているか否かを判定することにより行う。

*ガイドラインの全文は、下記サイトに掲載されています。
https://www.jnto.go.jp/jpn/projects/visitor_support/interpreter_guide_exams/guideline30.pdf


合格率

  1. 英語合格率の推移
    ・ 2011 年度試験:1 次合格16.2%(503 人)/最終合格14.6%(467 人)
    ・ 2012 年度試験:1 次合格 14.1%(412 人)/最終合格 13.3%(398 人)
    ・ 2013 年度試験:1 次合格 41.5%(1,198 人)/最終合格 30.9%(892 人)
    ・ 2014 年度試験:1 次合格34.0%(1,736 人)/最終合格26.6%(1,422 人)
    ・ 2015 年度試験:1 次合格29.6%(2,384 人)/最終合格21.5%(1,822 人)
    ・ 2016 年度試験:1 次合格33.0%(2,600 人)/最終合格23.8%(2,006 人)
    ・ 2017 年度試験:1 次合格23.6%(1,780 人)/最終合格16.3%(1,304 人)
    (注)最終合格者は1 次試験免除者を含む。
  2. 英語ソリューションズの実績はこちらから>>

* CEL 英語ソリューションズで学び合格を手にされた方々から寄せられた喜びのメッセージをごはこちらから>>

1. 6 試験合格から就業まで

  1. 通訳案内士として登録
  2. 下記団体などにおいて研修に参加
    特定非営利活動法人・通訳ガイド&コミュニケーション・スキル研究会 (GICCS) http://www.gicss.org
    社団法人・日本観光通訳協会(JGA) http://www.jga21c.or.jp/
    協同組合・全日本通訳案内士連盟(JFG) http://www.jfg.jp/
  3. 旅行代理店に登録
  4. 仕事の受託

*通訳ガイドとして活躍中のCEL 卒業生の方々のメッ セージはこちらから>>


Next 通訳ガイド(通訳案内士)試験の特徴と過去問・解答例 >>


ページトップに戻る