CEL英語ソリューションズ_メニュー ご入会 アクセス お役だち情報 書籍 会員サービス CELオンラインショップ トップページ 学校案内 レギュラーコース イベント・セミナー FAQ

通訳ガイド(通訳案内士)2次試験レポート

通訳ガイド(通訳案内士)2次試験レポート

受講生68

(1)試験会場到着から試験室入室までの手順

京都会場、建物4階が会場で15:30 受付開始でした。私は遠方からだったので、早く到着しました。一階ロビーで皆さん静かに待たれていましたが、張り詰めた空気が流れ、係の方は物々しい雰囲気を醸し出していて、驚きました。受付開始まで、私は外で待ちました。

(2) 試験官の性別、推定年齢、(外国人面接官はアクセントから判断して)国籍

外国人:30代の男性 疲れた様子でした。びんぼうゆすりをしていて、プレッシャーでした。
日本人:50代の女性

(3) 自己紹介等のウオーミングアップのやり取り

日本人の試験官でした。

名前、住んでいる所、生年月日を聞かれました。思っていたより 緊張してしまい、なんと、生年月日がすぐ出てきませんでした…。ろれつは回らないし、悲惨なスタートでした。

(4) 通訳の日本文

日本人の試験官でした。
ゆっくり読んでくださいました。文は覚えていませんが、偕楽園の説明でした。徳川斉彬のことや、岡山の後楽園、金沢の兼六園のことも出てきました。

(5) 英語訳の再現

あまり覚えていません…。笑顔はできませんでした。

(6) 選択したトピック

七五三について

(7) プレゼンテーションの再現

子供の年齢に合わせて行われる行事で、11月にあることを言いました。11月の週末は混み合うので、自分達は平日に行ったことを話しました。笑顔はできませんでした。

(8) Q&Aのやり取りの再現

外国人の試験官でした。
七五三の男女別の年齢の説明をしなかったので、その事を聞かれました。よく覚えていなかった為、I think…と言ってしまいました。
話題はガラリとかわり、携帯電話を電車の中で失くしたけど、どうしたらいいか聞かれました。紛失物取扱所の単語がでてこなかったのですが、何とか説明し、自分の体験談を話しました。ここで、外国人の試験官の表情がかわって、微笑んでくれました。
また話題はガラリとかわり、お勧めのスキー場を聞かれました。北海道をお勧めしたのですが、いつもなら出てくる言葉が出てこなくて 本当に冷や汗をかきました。途中で日本人の試験官が外国人の試験官に時間を告げ、終了となりました。

(9) 日本語での質疑応答の有無

ありませんでした。

(10) 試験終了後のやり取り

ありませんでした。

(11) 終了後、退出してから解散までの手順

Thank you (very much を忘れてしまいました)と言って席を立ちましたが、ありがとうございました、と言っていなかったのに、気づき、ドアの前で最後に言いました。日本人の試験官は通訳のメモの準備等、作業をされていましたが、外国人の試験官はこちらを見ていて、笑顔で小さく手を振ってくれました。

(12) 全体を通しての感想など

緊張しました。自分の生年月日が すぐに出てこないなんて、自分で驚きました…。結果は期待できそうにありませんが、CELで勉強した一年間は楽しかったですありがとうございました。また結果がでましたら、相談します。その時は、よろしくお願いします。

ページトップに戻る

次の受講生のレポートを読む>>