CEL英語ソリューションズ_メニュー ご入会アクセスお役だち情報書籍会員サービス CELオンラインショップ トップページ学校案内レギュラーコースイベント・セミナーFAQ

CEL受講生の体験記

2016年度通訳ガイド(通訳案内士)国家試験合格者からのメッセージ


通訳ガイド試験合格者の声 曽根先生とDan先生に師事しました!

昆布 悠里さん (通訳ガイドコース受講)

<友達と受験申し込み、そして一般常識対策でCELへ>

 まずはじめに、私の合格体験談には、曽根先生とDan Dumas先生は出て来ますが、江口先生はあまり出て来ません。CELと言えば、『トラッドジャパン』、『新・英語で語る日本事情』の江口先生なんでしょう?江口先生の授業のことが聞きたいわという方は、私の体験談は飛ばして読んで下さい!江口先生が嫌いだったわけでもなんでもなく、私は、一次試験の一般常識(曽根先生担当)と二次試験対策(Dan先生担当)のみをCELで受講したため、江口先生の授業は無料体験時のみしか参加していないのです。(その感想は、早口な先生だなと思いましたが、受付の方に、学期後半の白熱した授業なので、学期前半の授業はもう少しゆっくりめですよ、と言われてほっとしました。)

 通訳案内士の資格試験の存在は前から知っていましたが、難しそう、試験範囲が広くて大変そうと思って敬遠していました。しかし、約2年前に、英語が得意な友達と通訳案内士の新しいテキストのウワサをLINEでしていて、うきうきと一緒に鎌倉観光をした日に、「鎌倉を外国人にも案内できたらいいのにね。」と話しながら、帰りに大規模書店で通訳案内士のテキストを買って、やっと勉強をする決意をしました。

 そして、一回目の通訳案内士試験で、英語・日本歴史・日本地理は、合格しました。一般常識が難しくて、来年どうしようかと思っていたところ、試験会場付近でCELのチラシをもらいました。解答速報が正確で、チラシも好印象だったので、2回目の受験は、一般常識はCELに通って備えよう、と思い立ちました。

<必死に頑張った一般常識対策>

 一般常識担当の曽根先生の温和で知識豊富な語り口の授業は、楽しくとても為になりました。しかしながら、直前対策クラスでは模擬問題の点数が伸び悩み、一般常識は今年も無理なのじゃないかととても心配でした。それでも諦めず、必死で、曽根先生の教えて下さることをすべてもらさず身につけようと頑張りました。過去問題や模擬問題で出て来たことを、友人や家族と語り合い、「トワイライトエクスプレスみずかぜって知ってる?」などと積極的に会話しました。CELのお茶会で出会ったCEL卒業生の先輩から、TVに出て来る事柄を、聞き流すのでなくメモを取ったり復習したと伺ったので、私も、「ブラタモリ」などをみて、これは出そうだな、などとチェックしました。

 一次試験当日、試験会場で応援にいらっしゃっていたDan先生にお会いしました。でも英語をしゃべる準備はまったくしていなかったため、変な英語をしゃべってしまいました。一般常識では、CELでやったビザ発給要件の問題や新幹線の問題が的中して、帰りは、Dan先生にガッツポーズを見せることができました。ところが、後日自己採点をしてみると、合格ラインギリギリだったので、家族に、だめだったんじゃないの?と心配されました。それでもCELスタッフが、その点数なら二次試験対策をして大丈夫と言うので、CELを信じて次のステップに進みました。

<楽しく頑張った二次試験対策>

 二次試験対策は、主に、曽根先生とDan Dumas先生にお世話になりました。曽根先生には、座るときの姿勢から始まって、自分の勉強法を確認してもらい、通訳&プレゼンの出来をチェックしてもらいました。「あのう、私、通訳案内士対策本、5、6冊買っちゃったんですけど、CELの××という本はいまからでも買ったほうがいいですか?」などの質問にも、「もうこの時期でしたら、既に持っている『新・英語で語る日本事情』などを読み込めば大丈夫」と言われました。

 Dan Dumas先生の日本事情に関する知識は素晴らしく、それでいてユーモアある指導をしていただきました。一次試験会場で出会ったときから、この先生に習いたいなと思っていましたが、残念ながら週1回授業の二次試験対策コースは人気があって満席だったので、2次直前対策で初めて教わることができました。

 一次試験対策で一般常識を勉強している時のスマホの壁紙は曽根先生、二次試験対策の時の壁紙はDan先生にしていました。2次試験前日は、通信受講のCDや、模擬面接の録音などを聴いて備えました。

<すべてに的確なCELのアドバイス>

 CELの二次模擬面接クラスに通っていたとき、神奈川県から来る私よりも、ずっと遠くから新幹線で来校してくる生徒さんがいらっしゃるのを見て、その事を祖母に言ったら、「そんなに遠くから来てる生徒がいるくらいなら、きっといい学校だろうから、先生を信じて頑張りなさい。」と言われました。事実、まったくその通りでした!

 たとえば、CELに初めて無料体験受講で来校したときは、「一般常識で、こんな問題が出たんです!どうやったら正解する試験対策が出来るんですか?」(東京外語大の医療外国語講座に関する出題)と過去問題を持ち込んで、相談しましたところ、受付の方に親切に対応いただき、「満点を取る問題じゃないんです、CELの授業を受けたら合格点に達するでしょう」と心強いアドバイスをしてもらいました。一年後、二次模擬面接クラスに来校したとき、受付で「こんな・・・」(コミケの会場はビッグサイトという一般常識の過去問)と同じような悩みを訴えている生徒さんがいらっしゃって、思わず微笑んでしまいました。

 一般常識の授業では、曽根先生に難問でも正解に導くテクニックを習ったのが、功を奏しました。私と同じように、試験範囲が無限大の一般常識で悩んでいる受験生の皆さんが、CELで試験対策をして合格されるといいなと思います。

<CELは素晴らしいスクール>

 二次試験が終わったあと駄目だったと思い、次年度に向けてのメンタリティ作りを試行錯誤していたとき、ふと、曽根先生やDan先生は、毎年毎年、過去問題を噛み砕き、予想問題を作り、一生懸命生徒に教えてくださっていることに思いが至り、素晴らしいんだなと改めて思いました。

 おかげさまで、CELに通ってから1年で、合格できました。CELの皆様、ありがとうございました。これからも、充実した授業で多くの合格者を輩出されることを祈っております。